February 24, 2017

 春が近づいている。うぐいすもなき始めた。

寒いのはうんざりなのに、週間天気予報を見ては、

まだまだ寒い日が続くなとほっとする。

夏が嫌いだから、避けたい一心。

好きになれば嫌な季節が楽になるのに・・・


 

February 24, 2017

思わぬ人から思わぬ出会いをいただき、いすみが俄然おもしろくなった。

人と人が出会って熟していく、それぞれが重なって拡がっていく楽しみ。

出会っても何も生まれない関係もあれば、
ふつふつと熟し生み出す関係もあるって人はおもしろい。

人間は、地球で一番残酷、残忍な生き物だけど、

こういう何かを生み出せるところは好き。



 

February 24, 2017

 昨夜、鎌田さんのFace bookで見つけたPhilip Cohranに夢中。

特に、このKilimanjaro,white Nile,Blue Nile.

浄化されるようで、とても気持ちいい。

 

January 26, 2017

 雑誌、& Premiumに載っていた、

インテリア、フードスタイリストの城素穂さんのお宅のテーブル。
つぼが誇らしげ。さすがのすてきさです。

図々しくも、このつぼがあるのとないのとでは大違いの
全体のまとめ役になっています。


愛さんに”出ていますよ”と、教えて貰わなかったら
気づかなかったので、教えてくれてありがたい。



 

January 24, 2017

 明日、彼女の絵に会える!

まったく夢のよう!まさか日本で会えるなんて思いもしなかった。

彼女の絵が一番欲しい絵。絶対に買えないお値段!



 

January 24, 2017


数日前、すてきな出会いがあった。あまりに不思議な出会い。

この二日、不思議さと素晴らしさに、ずっとぼーっとしてしまった。

出会いには、人と人の繋がりがあって、辿ってみたら10代までさかのぼれた。
人の繋がり+時間と場所のタイミングも絡まり合って出会いが生まれる。

今回の出会いは、かなりの衝撃で、脳が差し替えられた気分。
今、必死に脳を再編成しているよう。

夢も以前と違うものを見るようになって、
以前と違うインスピレーションも出てきそうだ。

私は、同世代、年上の方との出会いはなく、
ずっと若い方との出会いが多いのだけれど、
若い方から学ぶことがいろいろあって、うれしいよ。


 

January 16, 2017

 柚子や梅を収穫するのに、このキャスのバッグを首からさげて、
採っては入れていくのが便利。

って、そのために買ったわけではないけれど、

今の年齢では、ちょっと持てないラブリーさ。

昔、Londonの住宅街にあるCath Kidstonの店に結構苦労して

(Londonの住宅地って、ロータリーが多くて、家も同じ感じで混乱甚だしい。

私が慣れていないせいではあ​るけれど)たどり着いたら、
なんと当時担当のBurneysのバイヤーが二人、商品を物色中で
お互いにびっくり。
 

ああ〜いろんなことがあって、今がある。

Londonもいいな、Parisもいいな、Firenzeは絶対だしと悩む。
これもインソールのおかげで、身体がとても快調になったおかげで、

いろんなことに前向きで素晴らしいことであります。



 

January 16, 2017

 今朝はいったい何度だったのか、こちらに来て今までで一番寒かった。

寒さは、こんな美しい結晶を見せてくれるのがうれしい。

より美しい景色をと、より寒いところ、日陰などで
うつくしいもの探し。



 

January 16, 2017

 もう、私の脳のようなiPad.

つぼの写真を赤が似合うポーの写真に入れ替えてパワーアップ。


 

January 5, 2017

11月の初めから、左足が聞いたこともなかった足底筋膜炎になり、

踵をつけると激痛に襲われ、片足つま先で歩くこと1ヶ月。

2件目の医者にインソールを勧められ、footworks stemshoesさんで作ってもらった

矯正インソールを使用したら、あらまあすごい効果。

その日にウエストの後ろの骨がミシっとずれ、背筋、首筋が
スキっと伸び、膝の後ろも伸びる、伸びる。

それまで、いつもプレギックリ腰のようで、椅子から立ち上がるのも
イタタタと労わりながらのおばあちゃん風だったのも、
気づくと普通になにごともなく立ってスタスタ。

ポーの散歩もすっきり歩けてなんて気持ちいいこと。

そして無意識にアクロバットのようなストレッチをやってのけて
自然に体幹調整している。

今日で一週間使用。もうこれがないと生きていけません。

”足を直して作家活動長く続けて下さいね”とのこちらの森君の言葉は、
うれしかったなあ・・・
若い人には、言わない言葉だけれどね。




 

January 1, 2017

 明けましておめでとうございます。

すてきな一年になりますように。

暮れに思えば、2016は今までで最高の一年だったと。
長く生きた後に、こんな気分を味わえるなんて幸せです。
中でもたくさんの人と出会え繋がれたのは、とても大きい幸せ感。

感謝、感謝。ありがとうございます。
 

ちょっと変な私は、夢でみたちょっと不思議な小さな極上のつぼを

歯医者で突然思い出し家に帰るなりメモ。

これって何でしょうね。摩訶不思議な脳であります。
 


この小さなつぼを早くかたちにしたい。
 


次回の個展は、10月末。制作可能期間は、あと9ヶ月。
自分でとっても楽しみです。


感覚的なものは、鋭敏になる一方だけれど、悲しいことに他は鈍くなる一方。
なので、スケッチやらをグループごとに貼れる場所に貼り廻らし、

一目で分かるように制作準備万端。

つぼたちをじっくり愛おしみつつ創りながら、10月を迎えたいと思います。

2017もよろしくお願いします。




 

December 31, 2016

 大晦日、夜7時頃に届いた蕗ちゃんのお母さんが撮った写真。

20年ぶりくらいの紙焼き写真。彼女自身が焼いた。

思わず、思い切り泣けた。

今まで考えたこともなかった、”生きること”の素をふいに気付かされた気分。

偶然が重なって出会えたこの若い夫婦にいろいろ気付かされている。

今までも子供と出会うことがあったのに、この子は特別なのだ。

なぜかはまったく不明だけれど。
 



 

December 31, 2016

今、ここちいい音楽。

今頃は、除夜の鐘がなっていることでしょう。
 

でも我が家では、こんな感じでいつもと変わりなく・・・・

みなさん、素敵な一年を!


こちらのTATE MODERNでのコンサートの方が、ビジュアルは楽しいかも。
音は、下の方がよし。



 

November 19, 2016

Apple musicで知ったChris Bottiにはまっている。

この甘い顔で、メローだけれど力強いトランペットの音。

晩秋にたまりません。

このStingの歌うWhat are doing the rest of your lifeは、またまた素晴らしい・・・
 


 

November 10, 2016

 蕗ちゃんの両親に頂いたサフランのひとつは、もう咲いた。

つよい香りと赤い雌しべで誘う妖艶ぽさ。

なんどみても、いろっぽいなと思う。

あとふたつの開花がたのしみ。


 

Please reload