January 12, 2016

 

 

 

 やっぱりいい、気持ちいい、こんな曇った日に・・・

 

September 7, 2015

 

美男葛の花の下に敷いたのは、NYのギャラリーでもらった
Joseph Loganの個展の案内のカード。
今、この名前を検索しても何も出てこないって、とても不思議。
他にも見てみたいものだけど。

カードにあるのは98年の開催ってことは、
私が最後にNYに行ったのは97年から98年にかけて。
20年近くNYに行ってないってこと!

August 23, 2015

お米の刈り取りも始まって、いろんなものが実になって晩夏かな・・・
毎年8月が終わるとあっという間に大晦日。

いつも10月、11月の記憶って薄い。

友達が介護していた100才のお母さんが亡くなった。
自然のままに亡くなったそうだ。

私が喘息の発作に襲われた時、その友達の家でしばらく厄介になったことがある。
私が寝ている横でそのお母さんはおしゃべりしながら洗濯物を丁寧にたたんでいた。

友達がお母さんを引き取ってからも、お母さんは何でもたたむことが大好きだったそう。
昔、大家族だった頃のいろんな場面がよぎっていたのかなあ・・

介護で疲れ果てている友達のリフレッシュにと、
mama!milkのコンサートをその友達の分もを頼んだけれど、
お母さんを送るコンサートになってしまった。

 

 

August 16, 2015

実を食べる以外、蓮のすべてが好き。

 

July 22, 2015

instagramにこの写真を載せた時、

未知の海外の男性が"Gorgeous.."とコメント。


好きだなあ・・これにGorgeousって遊べる人。

 

July 21, 2015

こんな環境で暮らせて幸せだとつくづく・・・
 

東京に美術館やすてきな店があるといっても毎日、週一で
行くわけでもなく、日々のこの空気と星空と新鮮な野菜と海という基本は、
体のためにも制作のためにも必要不可欠。

July 18, 2015

         ヨーガンレールさんが石垣島で拾い集めた漂流ゴミで作られたランプや

ビーチサンダルたちは、不法投棄への怒りと大好きな海に削られ、
かたち作られて来たものたちの美しさへの感動と愛情に溢れ、
カラフルなのに苦しくせつなくなってくるのでした。


プラスティックの加工は、とても臭くて妙な粉塵が飛ぶのを

あのナチュラリストのヨーガンさんがやっていたのは、

強い怒りと愛情があったからこそでしょうね。
 

ムービーの最後の1944−2014は、決定的な数字。
号泣している女性たちもいて、よかった!こんなに泣いてくれる人たちがいて。

 

東京都の現代美術館で始まった”ここは誰の場所?展”

*全体の企画としてはなんだかなあ・・なものでした。

長期開催にしては、展覧会のサイトが手抜き過ぎます。

 

July 7, 2015

千葉の天気予報。

梅雨明けて真夏になるのは、嫌だけれど、この天気って何?
どんな夏になるのか不安。
 

 

July 7, 2015

庭のネム。

傘はやめてカッパで散歩すると、いろいろな発見が出来て楽しいこと。
 

 

July 4, 2015

7月の20日近くまでずっと雨の予報・・・
雨は、見るにはとてもうつくしいけれど、ポーの散歩が大変で・・・


ポーはタオルで拭いてもらうのが大好きで、
私に濡れた体を体を押し付けてくる・・・
ポーは、贅沢で湿ったタオルは嫌い、乾いたタオルが好き・・

 

July 1, 2015

庭の南高梅は、台風で実が落ちて3割くらいの収穫だったものの

3Lくらいのシロップがとれた。
あの硬い実のどこにこんな水分があったのか・・・


実を冷凍してから漬けるのも数年ぶりにやったけれど、
冷凍なしの方が、香りが強い。

 

July 1, 2015

頂きもののリボンを取っておいて、プレゼントする時に使うのが好き。
楽しみのバトン?

 

June 29, 2015

最期は、とてもすてきなまると線を描いて旅立てたらいいのだけど・・・

 

June 25, 2015

 

DEE'S HALLのサイトアクセス数順位で

私の個展がほとんど一位であります!

この2ヶ月間に掲載いただいた3誌を
ご覧頂いた方たちに検索頂いた結果と思われます。

ほとんど一位と言ってどうってことないのだけど、なんだかうれしい。

直接のメールで・・編集部を通してと、個展の問い合わせを頂いている。
なんだかうれしいことがたくさん!

 

June 20, 2015

 一田憲子さんの”暮らしのまんなか”vol24に掲載いただきました。

”人生の先輩のインテリアに学ぶ”という特集!

学ぶというより、たくさん生きてくると、

自分のスタイルが自然と生まれると思う。

あえて年齢も大公表!して、年輩女性一人でも田舎でこんな暮らしができるよと。

家も家具も服もいいものもたくさん見てきたけれど、

自分の身の丈に合うもの=居心地のいいものを選んできただけ。

なんと、”小前洋子さんの家が載っている本はみんな買ってしまう、

家も作品も好き”なんていう方もいらっしゃった!
福岡から”個展に伺います”の方も!
知らないところで想って頂いていたなんて・・なんてうれしい。
こんな言葉でとてもパワーをいただいて元気!

(誌面は写真を撮りにくいので、これは校正のもの)



 

Please reload