November 12, 2015

 駝鳥が産んだ卵か、つぼからうううっと出てきた駝鳥なのか・・・
他人とは思えない作品ふたつ・・・

つぼはまだ生の状態。

思い切り風邪!咳が出てくるようになったので、
回復に向かっている模様。

 

September 24, 2015

 

尾関立子さんの個展が今日からDEE'S HALLで始まった。
いいね、この始まる感じ・・・とてもわくわく・・
これでよしっと展示終わった時の満足感でフファ〜の気分を味わったんだろうな。

尾関さんの少女のような眼と残酷さとエロティックさが、

今にも崩れそうなバランスを取っている世界が好き。

尾関さんの個展が始まったってことは、次の次の次の次がわたし!
キャハー!

個展が終わった時のあの寂しい喪失感も今からもう感じてる・・・

 

 

September 13, 2015

2016年度のアルネのカレンダーに大橋歩さんの京都の家で暮らしている

私のつぼを載せていただき光栄です!
写真はもちろん、大橋歩さんご自身。

 

高校生の頃から大好き、憧れていた方と半世紀くらい後に繋がるって
人生はとても面白い。

 

 

 

August 16, 2015

実を食べる以外、蓮のすべてが好き。

 

August 15, 2015

大阪のDIECIからこのつぼをご自宅に迎え入れて下さった方は、浜名氏の茶碗もお持ち!

これは、浜名氏による焼成と知ったら驚くでしょうね。

August 5, 2015

田ごとの月を撮りたいと思いつつ、今年もまたさぼったな。

 

カメラの精度が増してこんなにリアルに撮れると、
(それも一万円台のカメラ!)
月への想い、情緒は薄らいでいく・・・

今の時代って技術が進みすぎて想像力が育ちにくいかも。

オリンピックのエンブレムとやらのデザインの良さも
まったく分からない、胸ときめかず。
若者たちは、ときめいているんだろうか、あのデザインに。

パラリンピック用も縦に白く抜かれたデザインは、
なんだか欠けているイメージで悲しくて
もっと平等な、やさしい表現であって欲しい。

 

 

 

July 30, 2015

 Face bookの中川正子さんのうれしい言葉。

うん、いつもずっと伸びやかで自由でいたい!

自由は、もちろんセツさんに教わった本当の自由で。

粘土に向かった時、今まで掘り下げていく気分だったのを
自分を宙に解き放って自由に浮遊させながら作ると、
よりゆたかなものが出来る。

と、朝アップしたら、セツモードセミナーの廃校の正式発表があった。
 

こころから出会えてよかったと思える学校とセツさん。
学校がなくなるのは寂しいけれど、
涼しくなったら学校の横の階段に座りに行きたい!

 

 

April 7, 2015

山口一郎くんから来た14日からの個展のDMの宛名には、

”POー様”とある。

個展の案内をもらう犬なんて珍しい!

 

DMの絵はライオンみたいな鉛筆画。

なんだか可愛げだなあと、ちょっと不満げに見ていたら、

黒く囲まれたその眼のワイルドな鋭さに驚いたー!

さすがですよ、山口くん!楽しみです!

 


 

December 31, 2014

今年もたくさん歩いた。1000kmをちょっと超えたくらい。
ポーさんもおじいさんになって、若い頃の半分以下の散歩量。
”オレダケノセイニスルナヨ”と、ポーさんの声が聞こえそうだけど。

生まれて中学一年生までって、とても長かった気がするけれど、

それと同じ時間をポーさんと過ごしたと思うと感慨深い。

毎年暮れになると翌年のイメージが湧くのだけれど、
2015は、とてもパワフルにディープに拡がりカラフルなイメージ。
果たして当たるのか?楽しみだ。

みなさん、2014もお付き合いいただいてありがとう。
2015も引き続きよろしくお願いします。

すてきな一年を!
 

December 19, 2014


万梨子さんのストールは、悩みに悩んでけっきょくこれにした。
なんでも決断早いのに・・・・


うれしくてポーにも巻いてみたらポーもお気に入りで大人しくモデル気分。

今朝、さっそくポーの散歩にストールをグルグル巻きで出かけたら、暖かいを超えて熱い!

大切にするよ、万梨子さん。

 

November 8, 2014

サチさんは、”似ていないけど”とおっしゃるけど、そっくりだと思う。
眼の辺りの意志の強そうなところもそっくり!

こんな出会い・・・ああ、シアワセだー!
 

November 3, 2014

アメリカと違う・・やっぱりフレンチだな。

October 24, 2014

路地の奥にあるのにDEE'S HALLのテラスは、

いつもさら〜とした風が抜けてとてもきもちいい。

ここでハンモックに寝れたらなといつも思う。

ほら、この二人のきもちよさそ〜な感じがそれ。
 

自然の風だけでなく今までに並べられたもののパワー、余韻も

このテラスに漂っているからよけい、きっと。

 

土器さんは、この藤井陽介さんのドレスが似合う!土器さんの一部のよう。

山瀬公子さん撮影のゴージャスな?一枚。

 

October 10, 2014

上はヨーガンレールのインドの木版、下は、私のアンティックのバティック。
そっくりさん!まあ、ルートは同じだからね。
やっぱり同じテイスト好きなんだなあとつくづく。

 

October 6, 2014

親不孝な娘は、母の命日に気づき、

あわてて庭の花と朝の散歩で摘んで来た吾亦紅を添える。

もすこしゴージャスなのが好みなのは知ってるけど。

ペパーミント色のウールの着物の裾にブルーの透明のビーズで

庭の矢車草をスケッチして、刺繍していた母。

私でもそんなハイカラなことしないよ。

 

Please reload