大室桃生さんのガラス

大室桃生さんのパート・ド・ヴェールの美しいこと。 指で欠けそうなくらい薄くて儚げなのに、強くて凛とした様子がきもちいい。 作り方を聞けば、気の遠くなる作業。 ガラスを知る人からしたら、あり得ない作り方なのだとか。 いつか、人生最期のガラスにしたい。 ちょうど、この個展会場のDEE'S HALLに前川秀樹さん夫妻もいらして 2月の展覧会の話で盛り上がって楽しいこと。 詳しい話を伺えてよかった。出展予定としていた作品を変えようと思う。

タグ:

Featured Posts
Recent Posts

Search By Tags