Jurgenさんの遺したもの


ヨーガンレールさんが石垣島で拾い集めた漂流ゴミで作られたランプや

ビーチサンダルたちは、不法投棄への怒りと大好きな海に削られ、 かたち作られて来たものたちの美しさへの感動と愛情に溢れ、 カラフルなのに苦しくせつなくなってくるのでした。 プラスティックの加工は、とても臭くて妙な粉塵が飛ぶのを

あのナチュラリストのヨーガンさんがやっていたのは、

強い怒りと愛情があったからこそでしょうね。

ムービーの最後の1944−2014は、決定的な数字。 号泣している女性たちもいて、よかった!こんなに泣いてくれる人たちがいて。

東京都の現代美術館で始まった”ここは誰の場所?展” *全体の企画としてはなんだかなあ・・なものでした。 長期開催にしては、展覧会のサイトが手抜き過ぎます。

タグ:

Featured Posts
Recent Posts

Search By Tags