東中野モナミ


ずっと、あそこはなんだったのかと引っかかり、

子供ながらに禁断の場所のような、なにやら心惹かれる場所だった、

東中野のモナミを検索してみたら、なんとあった!

子供の頃親と食事に行ったり、子供同士で庭に入り込み遊んだ場所。

でも油の匂のする木の床にヤシ系の植物の鉢、

天井の扇風機のマイアミのイメージの喫茶店の写真は、なかったけれど。

驚いたことに、ここには文化人の錚々たる方たちが集まっていたとある。

我が家から、2,300mのところに!

名付け親はなんと岡本かの子!

喫茶店奥の建物は、フランクロイドライトとあり、ほんまかいなの名前。

モナミになる前は、個人住宅だったとある。 (このモナミから裏側の落合にかけては、文化の香りいっぱいのお屋敷が

並んでいて、よく探検に行った。七夕用の笹をもらいに行ったり・・)

私がいた頃の東中野は、下町とはんぱないお屋敷がはっきり分かれていて

(我が家は、もちろん神田川そばの下町側)

洋館からは、黒づくめのマントのおばあさんが出てきたり、

ゴミ拾いの父親を手伝いで学校に来れない同級生がいたり

不思議なエリアだったのが、

今、こういう何方かの文を読むと納得の場所。

下の写真は、モナミの脇のたぶん、戦後闇市から定着した店たち。 左のパン屋のロゴもやけにバタ臭い。

この数件向こうに、間口1間もないアメリカのお菓子屋があり、

よく、100%ケミカルな風船ガムやキャンディを買った

私の小さなアメリカだった。

傷痍軍人もここで数人物乞いをしていた時代。

涼しくなったら、念願の東中野散歩せねば!

Featured Posts
Recent Posts

Search By Tags