うれしい


友人、竹崎万里子がこんなすてきに楽しんでくれていた。 これを買うという彼女に、”そんな〜地味じゃない?”と、言ったけれど、 なるほど、彼女らしく使っている。

Featured Posts
Recent Posts

Search By Tags