そうよね。朝日新聞から

米国の女性誌「アルーア(allure)」の編集長が14日、

「アンチエイジングという言葉はもう使わない」と同誌のウェブサイトで宣言した。

同誌は美容特集などで知られる月刊誌。

年齢を重ねることを否定的にとらえる米国の風潮や美容業界のあり方に、一石を投じた。

 同誌のミッシェル・リー編集長は「編集長からの手紙」と題した文章で、

「アンチエイジングという言葉によって、『加齢とは戦わなくてはならないもの』

というメッセージを強めている」と指摘。

ある年齢から下り坂になるという考え方に疑問を投げかけ、

「美しさとは若者だけのものではない。 『彼女は年のわりにはきれいに見える』ではなく、 ただ『彼女はすてきだ』と言ってみてほしい」と呼びかけた。

 最後は「一夜にして変わるわけではないが、まずは会話を変えることから 始めてみよう」と結び、若く見せることに価値を置きがちな ファッション業界や美容業界へ「再考」を促した。

うんうん、いいことじゃありませんか。

マレーネディートリッヒの、”化粧で20歳若く見せることは出来るけれど、

それに費やす時間は取り戻せない”との言葉を読んだことある。

もちろん、私は時間を選ぶ。

もう、時間がないといったらありゃしない今日この頃。

自分が死へと近づいていく・・・つまりは植物と同じく枯れていく・・・ 特に最近加速中・・・なのを観察して、 自分が自然の一部だと確認してにんまり。

Featured Posts
Recent Posts

Search By Tags